レーザー脱毛の処置

レーザー脱毛は、エステや脱毛サロンで行われる光脱毛やフラッシュ脱毛と呼ばれる方法よりも効果が高いと言われています。
それは光脱毛やフラッシュ脱毛よりも出力が高いからなのですが、出力が高いと言うことは効果がはっきりと分かると同時に扱い方を間違えば事故を起こしてしまう恐れがあるとも言えます。
                                                                                         

ですから、レーザーを扱って施術できるのは医療資格を持っている医療関係者であることが条件で、無資格では施術することができません。
もちろん、ちゃんとした資格を保有している人が施術する分には安全なので心配には及ばないでしょう。
処置についてですが、これは出力が高い分痛みを強く感じることもあります。それだけ毛根にダメージを与えることができるのですから、効果があると言う事ですが、特にムダ毛が濃くてしっかりしている場合だと耐えることが難しいという場合もあるようです。
そういった時には、医療機関であると言う事で麻酔を使用することが可能ですから、我慢せずちゃんと相談してみるのが良いでしょう。
                                                                                    

また、回数を重ねるごとにムダ毛も細くなるから痛みは軽くなることが多いので、最初が一番辛いかもしれません。レーザーは黒い物や濃い色の物に反応するので毛のない部分に刺激は与えませんが、逆に日焼けなどで皮膚の色が濃くなっていたり、シミやホクロのある部分には反応してしまい危険なので、レーザーで脱毛することができないのです。

コメントを受け付けておりません。