ニードルとの違い

レーザー脱毛は永久脱毛ができる方法として高い人気を誇っています。
医療用レーザーの出力は大変高いので、ムダ毛を作り出す働きをする、毛乳頭を完全に破壊することができ、それが永久脱毛につながるのです。
                                                                                         

肌にダメージを与えることもなく、ほとんど痛みもない脱毛法なので、多くの方がこの医療用レーザー脱毛を選んでいます。
永久脱毛ができる脱毛法にはエステで行われているニードル脱毛があります。
針を使うこの脱毛とレーザー脱毛の違いはたくさんありますが、最も大きな違いは脱毛完了までの期間です。
                                                                                        

一度に幅広い面積を脱毛できるレーザー脱毛と違い、この針を使った脱毛は一本一本の毛根に電流を流して手作業で抜いていくため、長い時間がかかってしまうのです。
さらに抜くときにかなり痛みを感じてしまうということもあり、同じ永久脱毛でも針を使った脱毛ではなく、レーザー脱毛を選ぶ方が増えているのです。
                                                                                     

医療用レーザー脱毛はクリニックで行っていますので、万が一の肌トラブルの際にも迅速に対応してもらえますし、敏感肌の中でも安心して脱毛することができるのも大きなメリットと言えるでしょう。
レーザー脱毛で全身脱毛をしてもトータルで6回から10回ほどの脱毛で永久脱毛が完了するのです。

コメントを受け付けておりません。