レーザー脱毛特集!

レーザー脱毛により、脱毛を行うことができるのは、毛母細胞に対してダメージを与えることができるからです。これは体の黒い部分に反応をする、特殊なレーザーを照射し、そして毛母細胞にダメージを与えることにより、脱毛を行うことができるのです。
                                                                                   

毛が生えてくるのは、毛母細胞が活発に活動をしているからです。そのため根本的な原因を除去するためには、この毛母細胞を破壊しなければならないのです。
毛母細胞を破壊するために、レーザーが使用される前には、ニードルを利用した脱毛が行われていました。ニードルは毛穴にニードルを刺し込み、そこへ電流を流して破壊していたのです。しかしこの方法は確実な効果を発揮してくれますが、毛穴ひとつひとつにニードルを刺しこむために、激痛が発生するため、お気軽に行うことが出来なかったのです。
                                                                                       

レーザーはニードルによる激痛が発生しないために、脱毛を行うためのハードルを大きく下げることに成功したのです。レーザーによる痛みは、輪ゴムではじいた程度の痛みであるために、痛みを気にせず脱毛を行うことができるのです。また脱毛中もレーザーを照射するだけであるので、ニードルよりも脱毛の時間を短くすることに成功したのです。